FC2ブログ

エロエロ脳内妄想汁電波受信中

学生 OL リーマン ニート 引きこもり キモヲタ 腐女子 ハゲ ずら デブ 喪男 毒男 一般の方のご訪問お待ちしております。<ニダ以外>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

“リサイクル・セックス” 彼氏がいても、元彼や男友達と「ついついセックス」…癒し求める女性が増加

ae3f3939.jpg

1 名前:☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ 投稿日:2007/05/18(金) 19:37:29 ID:???0
リサイクル・セックスとは、元彼や男友達など、自分にとって身近で、肩肘を張らずとも付き合える男性と「ついつい」してしまうセックスのこと。本命はいないけど、とりあえず心と体を癒したい、本命はいるけど、仕事が忙しくて追いかける体力もないし、拒否されて傷つくのもイヤだから、私のことをよくわかってくれている気の置けない男性と何となく会ってセックスしてしまう…そんな心理の女性が多いようだ。

リサイクル・セックスに走る女性は、3年前に書籍が発売されて以降も、今でも多少傾向を変えつつ、まだ増え続けているという。著者の安藤房子さんによると、「以前は幅広い
年代の方がリサイクル・セックスをしていましたが、最近は特に20代後半以降の独身女性に多い
ですね。20代後半というと、自分がやりたかった仕事がやっと形になってくる頃だし、やっぱり
みんな忙しいんでしょう。忙しいから彼氏をゲットする時間も気力もない。それでも安らぎはほしい。
そんなときにたまたま連絡があった元彼や、男友達にふと寄り添いたいと思ってしまうんです。
例えそれが自分が本当に欲しいと思っているものではなくても…」

実際、独女通信が独自に20代後半以上の女性にリサイクル・セックスについて尋ねてみると、
リサイクル・セックス経験者は意外に多いことが判明。彼女たちの言い分はこうだ。
今でも、元彼と体の付き合いがあるという会社員のHさん(30歳)は、「まず、気心が知れて
いるというのが大きいですね。誰でもいいわけじゃないし、でも自分からそういう相手を探すほど
欲求がたまってるわけでもない。だけど、今の彼との性生活は、なんだか体の相性が合わなくて
ちょっと不満をもっている状態だから、誘われると『まあいいか』ってなってしまう。それに、
『別れた人』って自分を作らなくてもいいんですよね。」と言う。

デザイン関連の会社に勤めるIさん(28歳)は、「仕事でつらい目に遭ってもそのときの彼氏に
愚痴れなかったときや、彼氏がいなかったときに何となくやるせなくなって、元彼の家をアポなしで
訪問してしまったことが2回ぐらいありましたね。そのまま流れでセックスも…」
http://news.livedoor.com/article/detail/3165339/

元彼ではなく、友達とというパターンでは、雑誌編集のTさん(25歳)。「何年か友人として付き
合ってきて、相手の性格・人柄などもまあまあ分かって来ていた頃に、恐らく安心感から何度か
セックスしてしまいました。 寂しさや孤独を埋めたいという気持ちが大きかったですね」

安藤さんによると、彼女たちのパターンは、何かが満たされないと感じて癒しを求める「癒し系」。
他にも快楽を追求するのが目的の「快楽系」や、濃厚な人間関係をセックスに求める
「コミュニケーション系」、昔好きだった相手などとセックスすることで擬似恋愛に浸る
「初恋成就系」などがあるが、割合としては癒し系がもっとも多いそうだ。

もちろん、リサイクル・セックスは悪いことばかりではない。まだまだ女性には厳しい世の中を
生き抜いていくためには、一時的であるにせよ癒しが必要なときもある。問題は居心地の良さに
ついだらだらと続けてしまい、自分の本当にほしいものを手に入れる気力が湧かなくなってしまうこと。
気がついたらずるずると何年も続け、後に残るは結婚に焦る自分ばかりと言う結果になることも。
安藤さんはリサイクル・セックスに走る女性たちに「癒されるのは決して悪いことではない。
でも、その後にちゃんと振り返って考えてみて」と警鐘を鳴らす。相手が本当に自分が求めて
いる人なのか、自問自答してみる必要があるというのだ。

でも、それでさらに孤独感や空しさに悩まされることになったらどうしよう、という独女に、最後に
安藤さんからのエールを。
「本当にやりたいのかどうか、わからないままやっているからおかしなことになるんです。仕事でも
趣味でも人間関係でも本当に自分がやりたいことをやっていれば、そんなに大きな不幸というのは
訪れませんよ」(以上、一部略)

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。