FC2ブログ

エロエロ脳内妄想汁電波受信中

学生 OL リーマン ニート 引きこもり キモヲタ 腐女子 ハゲ ずら デブ 喪男 毒男 一般の方のご訪問お待ちしております。<ニダ以外>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【社会】ついにここまできたか、メイドさんが全員女装男性のメイドカフェ 「かわいいっていってもらえるのが一番」

 メイドカフェが乱立する東京・秋葉原で「ついにここまできたか」という店をみつけた。メイドは全員が女装した男性。
オーナーすら「絶対よそはやらない悪ふざけ」というその店に足を踏み入れてみた…。(安岡一成)

 13日午後、秋葉原の路地裏の店。恐る恐る入っていくと、メークばっちりの“メイドさん”たちが出迎えてくれた。

 「お帰りなさい、ご主人様~」。ここでもやはり、このフレーズだ。オープンと同時に続々と客が入り始める。
客層はいたって普通だ。

 「ここ2、3年、アキバでやたらと妙なものがウケルようになりましたね」と笑うのは、この店「雲雀亭(ひばりてい)」の
オーナーだ。

 昨年、他店の店舗を借り切り、メイドが女装男性のカフェをゲリラ的にオープン。以後、月に数回だけ、イレギュラーに営業しているという。

 それにしても、なぜ女装なのか? 「ぶっちゃけ悪ふざけです。よそは絶対やりませんから」ときっぱり。もっと詳しく聞いてみた。

 以前オーナーが普通のメイドカフェを経営していたころ、メイドの人数が足りないときにいたずら半分で女装男性を混ぜてみたところ、まったく気づかれなかったことから思いついたという。

 「ちょっとやってみようか? くらいの軽い気持ちで始めたんですが、客がどんどん増えていったため、モデルや女装コンテストの常連の人などに声をかけて集めました」。店を月に数回しかやらないのは、メイドが本職を持った社会人ばかりだからという。

以降に続く

http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/080114/sty0801141328005-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/080114/sty0801141328005-n2.htm

[ 2008/01/14 18:56 ] アホニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。