FC2ブログ

エロエロ脳内妄想汁電波受信中

学生 OL リーマン ニート 引きこもり キモヲタ 腐女子 ハゲ ずら デブ 喪男 毒男 一般の方のご訪問お待ちしております。<ニダ以外>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【米国】イヌ3頭、遺産40万ドルと住居を相続 悠々自適な生活

メリーランド州ヘイガースタウン(AP)

米メリーランド州のヘイガースタウンで、飼い主が亡くなって1年がたつものの、食べ物や暮らす場所に困らず、悠々自適な生活を送るイヌ3頭がいる。好物は、ガーリック・ブレッドとミートボールを添えたスパゲッティという献立だ。

3頭は故ケン・ケンパーさんが飼っていたビーグルと、ラブラドールの雑種2頭。
いずれも野良犬だったところを、ケンパーさんが引き取って、面倒を見ていた。
しかし、ケンパーさんは2006年に死去。
遺産40万ドル(約4500万円)と、80万ドル(約9000万円)相当の住居を3頭に残した。

現在は、3頭の世話をするロイ・グレイディさんと一緒に暮らしている。
グレイディさんによると、好物の献立を出す金曜を、ちゃんと分かっている様子だという。
3頭の名前は、バックショットとケイティ、オブジェット。医療的にも手厚い保護を受けている。

例えば、昨年ケイティが家の敷地から外に出てしまい、車にはねられる事故があった。
ケイティは40回以上も獣医師のところに連れて行かれ、骨折した足と腰を治療。総額6000ドル(約67万2000円)がかかっている。

ケンパーさんは、米国の公的報道機関ともいえるボイス・オブ・アメリカに勤務。
海外での任務を終えて帰国後、野良犬を保護していたという。

ケンパーさんの長年の友人で、遺言執行人のカリン・アンダーソンさんは、この3頭が死んだ場合、遺産はすべて動物保護のチャリティに寄付すると話している。「彼は本当に動物を愛していた」から、寄付はおそらく、ケンパーさんが望んでいることだと思うから、としている。

動物が多額の遺産を相続した例としては、昨年夏に死去した米ホテル女王、レオナ・ヘルムズリーさんの愛犬マルチーズが、1200万ドルを相続している。

CNN.co.jp 2008.01.02
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200801010024.html

[ 2008/01/02 14:55 ] 普通っぽいニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。