FC2ブログ

エロエロ脳内妄想汁電波受信中

学生 OL リーマン ニート 引きこもり キモヲタ 腐女子 ハゲ ずら デブ 喪男 毒男 一般の方のご訪問お待ちしております。<ニダ以外>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

なんと、昔日本にいたビビアン・スーが今、台湾で作詞家になってそれはもう大変な事に‥!

<横顔>かつての「アジアの妖精」、今や才女の人気作詞家!―ビビアン・スー

来月1日に湖南衛星テレビで放送がスタートする新ドラマ「恋愛兵法」が話題のビビアン・スー(徐若シュアン)。1990年にデビューした彼女はしばらく不遇の時代を送った。
泣かず飛ばずの状況に窮してヌード写真集を発表するも、それも不発に終わる。
そのキャリアが一転したのは、日本の芸能事務所にスカウトされてから。
2冊のヌード写真集を引っさげて1995年に来日、「アジアの妖精」として話題を博す。

日本でのブレイクは1996年、当時の人気バラエティ番組「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」出演がきっかけだった。天然ボケのキャラクターで一気にお茶の間の人気者となる。
また、番組中の企画で結成されたユニット「ブラック・ビスケッツ」のボーカルとして1997年から活動し、活動停止する1999年まで「STAMINA(1997)」などの曲で続けてヒットを飛ばした。

その後、活動拠点を台湾に移した彼女は、「日本で成功したアイドル」として一躍、実力派として認知されるようになった。ただのアイドルではない「才女」としての顔が加わったのだ。
特に作詞分野では、類稀なる才能を発揮しており、ジェイ・チョウ(周傑倫)やヴァネス・ウー(呉建豪)などにも作品を提供している。
2007年7月には、台湾のあるインターネットサイトが調査した「最も美しい30代女性」の第4位にも選ばれ、台湾女性の羨望を一身に集めていることが証明された。

●ビビアン・スー(徐若シュアン)
1975年3月19日、台湾生まれ。歌手、タレント。90年に台湾CTSテレビが主催した「台湾美少女芸能コンテスト」グランプリ獲得をきっかけに芸能界入り。
1995年には集英社「ヤングジャンプ」のグラビアで日本デビュー。
ジャッキー・チェン主演の「アクシデンタル・スパイ(2001)」にヒロインとして出演したほか、
「靴に恋する人魚(2006)」に主演、最近は映画界での活躍も目覚しい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071226-00000001-rcdc-ent
※画像
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071226-00000001-rcdc-ent.view-000

[ 2007/12/29 12:51 ] 普通っぽいニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。