FC2ブログ

エロエロ脳内妄想汁電波受信中

学生 OL リーマン ニート 引きこもり キモヲタ 腐女子 ハゲ ずら デブ 喪男 毒男 一般の方のご訪問お待ちしております。<ニダ以外>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「睾丸チョコ」の大きさ変更、英医学界が苦情

英医学誌「British Medical Journal」の年末号に、定番チョコレート菓子の形が変更されたため、思春期男児の睾丸測定に支障をきたしていると抗議する医師たちの意見が掲載される。
同誌の年末号は、医学関連のおもしろ記事を発表するのが恒例となっており、「チョコレート菓子の形状変更問題」もこの一つ。

話題のチョコレート菓子は英Masterfoods UKが製造する直径8ミリの卵形チョコレート「Teasers and Truffles」。このチョコレートの大きさと形が、思春期男児の成長度検査時に睾丸の大きさを測定する球状の器具にそっくりなのだという。

しかし同社は最近、このチョコレートをより大きくし、形も底面を平らに変更。医師からは「公衆衛生への貢献的役割」が失われたと不満があがっている。

医師たちはチョコレートの形を変えずに、若者たちが「Teasers and Truffles」を用いて自身の成長具合を自己診断できる手引き書を添付するなどのマーケティングを行えば、Masterfoods UKにとっても有益な結果になるはずだと主張。一方で「この点を店頭で強調するのはあまり薦められない」としている。
 
同号に掲載されるその他のおもしろ記事には「ハリー・ポッター(Harry Potter)」シリーズの登場人物を題材にした「魔術と遺伝的関連性の研究」や、骨の健康度を説明するために用いられる「エアインチョコ(軽い食感の穴あきチョコレート)の砕け方の比較研究」などがあるという。

ソース:AFP BB News
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2328444/2470874

[ 2007/12/26 11:14 ] アホニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。