FC2ブログ

エロエロ脳内妄想汁電波受信中

学生 OL リーマン ニート 引きこもり キモヲタ 腐女子 ハゲ ずら デブ 喪男 毒男 一般の方のご訪問お待ちしております。<ニダ以外>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【経済】大阪の企業がソフト「僕が死んだら…」を開発 「不測の事態」の場合に秘密ファイルを完全削除

ソフト:不測にも僕が死んだら… デスクトップの「遺言」クリック、秘密ファイル削除

 ◇大阪の企業が開発

 突然の事故死など「不測の事態」が起きても、パソコンの中の他人に見られたくないデータを完全削除してくれるソフトを大阪市北区のIT企業「シーリス」が開発し、今月からネット上で無料公開を始めた。【高橋望】

 初期画面上の「僕が死んだら」という思わせぶりなアイコンをクリックすると、指定したファイルが削除される仕組み。
同社の有山圭二社長(27)は「パソコンには知られたくない情報も多い。家族へ残す情報を選択するツールとして使ってほしい」と話している。

 ソフトは、その名も「僕が死んだら…」。

 友人たちと話している中でアイデアが固まり、実用化にこぎつけた。パソコンの初期画面には、家族など特定の個人あてのメッセージを流すプログラムのアイコンがある。「不測の事態」が起きた後、悲しみに暮れる家族らがこのアイコンに気づいてクリックすると、生前打ち込んだ「今までありがとう」などのオリジナルメッセージが画面に表示され、その陰であらかじめ指定してあったファイルが削除される。

 削除が気づかれることはなく、いったん削除されると、復旧ソフトを使ってもデータ復元は難しいという。

 ソフトは、ダウンロードで入手できる。ダウンロードは、
http://ccl.c-lis.co.jp/modules/mydownloads/index.php
毎日新聞 2007年12月25日 大阪夕刊
http://mainichi.jp/kansai/news/20071225ddf041100010000c.html

[ 2007/12/26 11:05 ] 普通っぽいニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。