FC2ブログ

エロエロ脳内妄想汁電波受信中

学生 OL リーマン ニート 引きこもり キモヲタ 腐女子 ハゲ ずら デブ 喪男 毒男 一般の方のご訪問お待ちしております。<ニダ以外>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

米国人の47% 「自分の名前をググった経験あり」

インターネットの検索サイト大手グーグルや、その他の検索サイトで、「自分の名前」を検索した経験があると回答した米国人が、47%に達していることが明らかになった。
2002年の調査時では22%だった質問で、倍増したことになる。

米国の非営利調査機関「Pew Internet and American Life Project」が16日に発表した。
調査は、昨年の11月30日から12月30日にかけ、1623人のインターネット利用者を対象に、電話で実施した。

その結果、自分の名前を検索したことがあると回答したのは、50歳以下で、高等教育を受けた高所得者層に多かった。中には、自分の経歴をインターネット上に掲載する必要がある
との回答もあった。

また、疎遠になった知人の名前を検索した回答者も多かった。一方で、友人や知人、親類などよく知った人の情報の検索も、一般的だった。

自分自身の検索については、男女で大きな差はなかった。しかし、デートする相手の情報について検索したのは、男性よりも女性の方が多かった。

自分の名前をしょっちゅう検索している人は少なく、回答者の4分の3は、1─2度しか検索したことがないとしている。

また、ネット上の自分の情報について、不正確だったとして不快に感じた人は、わずか4%だった。

このほか、約60%の回答者が、自分自身の情報がネット上に掲載されていることについて、
どのように利用されるか懸念は高まっているものの、特に心配していないとしている。

ソース:CNN.co.jp
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200712180030.html
[ 2007/12/19 14:10 ] 普通っぽいニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。