FC2ブログ

エロエロ脳内妄想汁電波受信中

学生 OL リーマン ニート 引きこもり キモヲタ 腐女子 ハゲ ずら デブ 喪男 毒男 一般の方のご訪問お待ちしております。<ニダ以外>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【地域/徳島】悲しき熱帯魚 川に捨てられたアリゲーター・ガー 傷が癒えれば標本になる運命

阿南市内の桑野川で九月、釣り上げられた北米原産の珍魚アリゲーター・ガーが、県立博物館(徳島市)で寂しい余生を過ごしている。食欲は盛んだが、成長を抑えるため、餌は週一回。
将来は標本化も決まっていて、水槽の中の表情はどこか悲しげだ。

ガーは捕獲から数日後、同館研究室に引き取られた。普段は水底で、まるで眠ったようにおとなしい。
だが「食事時は一変する」と佐藤陽一自然課長。獲物に忍び寄り、次の瞬間、鋭い歯が並ぶ長い口でパクリ。大食漢で一晩に金魚七十-八十匹を食べ尽くす。
ヴァーチャルペット 熱帯魚 ヴァーチャルペット 熱帯魚
趣味 (2007/05/25)
NHKエンタープライズ
この商品の詳細を見る


食欲に任せて餌を与えていると予算をオーバーする上に、成長すれば体長は現在の六倍の三メートルにもなり水槽に入り切らなくなる恐れもあるため、餌は週一回だけ。博物館に生物の展示はなく、捕獲時の傷が癒える春以降、ホルマリン漬けとなる運命が待っている。

佐藤課長は「かわいそうだが仕方ない。誰かが飼っているうちに手に余って川に捨てたのだろう。
身勝手なことだ」と、複雑な表情だ。


http://www.topics.or.jp/

http://www.topics.or.jp/system/data/news/119709522638.jpg

[ 2007/12/08 20:21 ] アホニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。