FC2ブログ

エロエロ脳内妄想汁電波受信中

学生 OL リーマン ニート 引きこもり キモヲタ 腐女子 ハゲ ずら デブ 喪男 毒男 一般の方のご訪問お待ちしております。<ニダ以外>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【外食】池袋の「缶詰専門バー」に突撃 「開けてみるまで分からない」 そこに男のロマン

扉を開けると、重厚なカウンターに革張りのソファー。照明が抑えられたウッディーな店内。読者の目にこの写真はどのように写るだろうか? 会員制のバーかサロン? 
それとも新手のダイニング?

ここは池袋の「BAR 晩歌」。100種類以上の缶詰が食べられる「缶詰専門」のバーなのだ。

缶詰と言えば、おでん缶やらーめん缶などがアキバで人気のジャンクフード。その専門店とくれば突撃せねば! と、いつもの調子でやってきたのだが、うーむ、予想に反した高級な店構えに少し尻ごむ……。「缶詰イコールB級! B級イコール庶民的!」という短絡的な発想の筆者は、ジーンズ&スニーカーのかなりラフな格好できてしまったのだ。

「どうも場違いなところに来てしまったな……」背中に嫌な汗を感じつつも、とりあえず取材を開始する。

缶詰マニアックス 缶詰マニアックス
タカイチカと缶詰研究会 (2005/05/25)
ロコモーションパブリッシング
この商品の詳細を見る




バーカウンターには1人用の小さいテレビが埋め込まれていたり、ネット接続もできるので、1人でふらりとくるお客さんが多いという。

一見、普通のバーといった雰囲気の「BAR 挽歌」だが、そのシステムはかなりユニーク。
1人1時間1000円(15分延長ごとに250円)のチャージ制となっていて、酒や食べ物の持ち込みが自由。もちろん、店にもお酒とおつまみ(=缶詰)が用意されているのだが、その値段はかなり安い。例えばアサヒ「スーパードライ」の中ビンが1本260円、サントリー「ローヤル12年」が1杯350。缶詰も「さんまの蒲焼」や「焼き鳥」が120円だ。

実は「BAR 挽歌」では、メニューのほとんどを仕入れ値で提供しているという。
チャージさえもらえれば、それ以外で利益を出すつもりはあまりないようだ。

意外とリーズナブルで、気取った店ではないことが分かり、ようやく変な汗も引いてきてホッとする。

珍味系の「蜂の子」と「いなご」。オープンから1年以上たつが、蜂の子にチャレンジしたのは2人しかいなかったそうな 日本酒に合いそうな高級感のある缶詰たち。
5000円近くする「フカヒレ」の缶詰もあるらしい。

続きます。ソースは

http://ascii.jp/elem/000/000/086/86252/

http://ascii.jp/elem/000/000/086/86252/index-2.html

http://ascii.jp/elem/000/000/086/86252/index-3.html


[ 2007/11/22 18:55 ] 普通っぽいニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。