FC2ブログ

エロエロ脳内妄想汁電波受信中

学生 OL リーマン ニート 引きこもり キモヲタ 腐女子 ハゲ ずら デブ 喪男 毒男 一般の方のご訪問お待ちしております。<ニダ以外>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【韓国】盧武鉉大統領、「日本が韓国の言うことを聞かない」と発言してゲーツ米国防長官を当惑させる

朝鮮紀行―英国婦人の見た李朝末期 (講談社学術文庫) 朝鮮紀行―英国婦人の見た李朝末期 (講談社学術文庫)
イザベラ・L. バード (1998/08)
講談社
この商品の詳細を見る
■ゲーツ:「韓米日の軍事協力強化を」 盧大統領:「日本が言うことを聞かなくて…」

7日にロバート・ゲーツ米国防長官が盧武鉉大統領と会談した際に交わした対話に関して両国の説明が食い違っている。。

ホワイトハウス消息筋は18日、「会談時にゲーツ米国防長官が、『韓国とアメリカ、日本の軍事協力を強化していこう』という趣旨の発言をしたのに対して、盧武鉉大統領は『日本が(韓国の)言うことをよく聞かない』と慎重な立場を見せた」と語った。しかし青瓦台(韓国の大統領府)関係者はこれに対して、「ゲーツ長官の青瓦台訪問は会談のためではなく、韓米日の軍事協力に関するを提案を受けたこともない」と否定した。

ワシントンの消息筋は、「7日にソウルで開かれた第39回韓米安保協議会(SCM)に出席したゲーツ長官が盧大統領を訪問して、『韓・米・日相互間の軍事協力を強化しよう』という趣旨の発言をしたのに対して、盧大統領は『(国際協力に関して)中国は言葉をよく聞くが、日本は言うことをよく聞かない』として慎重な反応を見せた」と語った。この消息筋は、「盧大統領の発言は、ゲーツ長官の提案を断ったというより自分の意見を開陳したものだ」と説明した。



この消息筋によれば、これに先だって6・7日にソウルで開かれたSCMと韓米軍事委員会(MCM)でゲーツ長官とマイケル・ミューレン米統合参謀本部議長が、「韓国と日本が歴史問題でギクシャクしているが、これは地域安定にとって好ましくない。このためにアメリカが積極的役割を果たそうと思う。韓国とアメリカ、日本が海洋捜索や海難救助(search and
rescue)など人道主義的目的のための軍事協力を強化して、地域の安定と平和に寄与していこう」と提案した。これに対して韓国側は「良い考えだ」と共感を示した、とこの消息筋は伝えた。

また韓米双方は、「域内を越えて韓米同盟を世界的同盟へ発展させていこう」という点で一致し、韓国の北大西洋条約機構(NATO)グローバルパートナーシップへの参加も、一層肯定的に検討することになったという。

ゲーツ長官はこのような軍レベルでのコンセンサスを土台に、盧大統領に同じ趣旨のことを述べたものだが、盧大統領が日本に対して不平を言って慎重な反応を見せるとゲーツ長官は当惑した、と消息筋は伝えた。

しかし青瓦台関係者は、「盧大統領が日本に関する憂慮を示した箇所が過大に伝わったようだ」と語った。盧大統領は7日の会談で、「北東アジアの冷戦構図が解消されているが、相変らず不安要素がある。中でも懸念しているのが日本の国粋主義だ。日本の軍事大国化が中国や周辺諸国の軍備競争を刺激する側面があり得る。中国は権威主義から開放に行っている」と述べた、とこの青瓦台消息筋は説明した。

このような論難が申し立てられたのは、最近韓国政府が北東アジアで実施される多国籍軍事作戦に消極的態度を見せているためだ。「軍事的サンドイッチ」になっているという指摘まで出ている。先月、日本の九州西方の東シナ海で実施された米日豪3ヶ国合同訓練に、韓国は招待されなかった。これに先だち日本の東京湾一帯で実施された大量破壊兵
器拡散防止構想(PSI)による多国籍軍事訓練に、韓国は北朝鮮への刺激を憂慮して参加しなかった。

ワシントンのある外交消息筋は、「韓国と米国、韓国と日本の両者間ではそれぞれ軍事協力ができる(訳注:原文ママ。後者は「米国と日本」が正しいのでは?)が、韓米日3国が軍事協力をするというのは全然異なる問題だ」として、「これは、人道主義的目的に限定したとしても韓国としては中国と北朝鮮を刺激する恐れがあり受け入れがたい」と語った。

▽ソース:中央日報(韓国語)(2007.11.19 04:30)
http://news.joins.com/article/2951577.html?ctg=13
[ 2007/11/19 12:45 ] シナチョン雑音 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。