FC2ブログ

エロエロ脳内妄想汁電波受信中

学生 OL リーマン ニート 引きこもり キモヲタ 腐女子 ハゲ ずら デブ 喪男 毒男 一般の方のご訪問お待ちしております。<ニダ以外>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【中国】コスプレ大会は政府主導の国家事業である 5億5000万人が見る中継

コスプレ・ドール (マンサンコミックス) コスプレ・ドール (マンサンコミックス)
あずま ゆき (2004/02/28)
実業之日本 社
この商品の詳細を見る

◆特集:中国“動漫”新人類 「中国のコスプレ大会は国家事業である(前編)」
  ~5億5000万人が見るコスプレ中継~ 

2007年夏頃から、日本のマスコミやネット上で、中国でいわゆる「コスプレ」がブームになっているという報道が盛んに行われるようになった。

アニメや漫画、ゲームに登場するキャラクターに扮装するコスプレ。
日本では、アニメやゲームの熱狂的ファンの間で1980年代頃から始まり、90年代以降はある種ブームの様相を呈するようになった。

当初は一部マニアの趣味だったのが、現在では企業のイベントに
コスプレ姿のモデルが登場したり、「メイド喫茶」が秋葉原にいくつもできるなど、事情をよく知らない私の耳にも入ってくるほど、コスプレという言葉は市民権を得た観がある。

そのコスプレが、今中国でも流行っているというのだ。

中国の大学生たちに聞くと、日本動漫に熱狂するあまり、映像の中の
キャラクターに自分自身もなり切って、コスプレをし、さらなる自己投影と
自己実現を試みる若者が中国で急増しているとのこと。
全国規模でさまざまなコスプレコンテストも開催されるようになり、
その熱気が日本のお茶の間にも流されるようになってきた、ということらしい。

なるほど、昨今の日本動漫やゲームの普及ぶりを考えれば、コスプレが流行るというのもよく分かる。
ただし、おそらく日本のほとんどの方がご存じない事情が中国のコスプレにはある。

なんと中国のコスプレ大会は、「中国政府主導による国家事業として行われている」のだ。

あの社会規範を逸脱することを厳しく取り締まる中国で、政府自らコスプレ大会を主催している?

えっ? ウソでしょう?

続きは
NBonline(日経ビジネス オンライン) 2007年11月7日水曜日
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20071105/139628/

[ 2007/11/07 22:21 ] シナチョン雑音 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。