FC2ブログ

エロエロ脳内妄想汁電波受信中

学生 OL リーマン ニート 引きこもり キモヲタ 腐女子 ハゲ ずら デブ 喪男 毒男 一般の方のご訪問お待ちしております。<ニダ以外>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ボクシング】内藤大助「世界戦より緊張した」…映画「自虐の詩」で舞台あいさつ初体験

自虐の詩 (上) 自虐の詩 (上)
業田 良家 (1996/06)
竹書房
この商品の詳細を見る

・自虐の詩:中谷美紀、阿部寛が「ちゃぶ台返し」 “月収12万円”王者・内藤も登場 (毎日jp)

 業田良家さんの4コママンガを映画化した「自虐の詩」の舞台あいさつとイベントが22日、東京・六本木ヒルズの東京国際映画祭であり、
主演の中谷美紀さん(31)と阿部寛さん(43)、堤幸彦監督らが登場。
ボクシングのWBC世界フライ級王者の内藤大助さん(33)がサプライズゲストで現れ、「この作品も夫婦と貧乏の話ですが、ぼくも月収12万円夫婦といわれているので、楽しみにしています」と話した。

 「自虐の詩」は、健気な妻・幸恵(中谷さん)と無口でケンカが強いが愛情表現に乏しい夫・イサオとの愛や生活をコミカルに描いた4コママンガ。イサオを筆頭に、さまざまなキャラクターが最後に「ちゃぶ台」をひっくり返すオチがパターンになっている。

 イベントでは、中谷さんら出演者がオチの「ちゃぶ台返し」を再現、映画をアピールした。
中谷さんは「(堤監督の代表作)『トリック』の仲間に入れていただいてすごくうれしかった」とあいさつすると、堤監督が「やめて」と照れる場面も。堤監督は「この作品は、“日本一泣ける4コママンガ”で、
寒い冬の一杯のシチューのような映画です」とアピールした。

http://mainichi.jp/enta/mantan/graph/manga/20071022/ ※画像多数あり

・初体験に緊張?内藤「全く覚えていない」 (nikkansports.com)

 WBC世界フライ級王者内藤大助(33=宮田)が22日、
都内で映画の舞台あいさつを初体験した。
「自虐の詩」の舞台あいさつで中谷美紀ら出演者に花束を渡した。
その際に中谷から話しかけられたが「何を話したか全く覚えていません。世界戦より緊張した」と初々しさを見せた。
その後は真弓夫人と作品を鑑賞。
11日の初防衛戦以来、久々に夫婦水入らずの時間を過ごした。

http://www.nikkansports.com/battle/p-bt-tp0-20071023-273415.html

画像:
http://mainichi.jp/enta/mantan/graph/manga/20071022/53.jpg

自虐の詩
http://www.shochiku.co.jp/jigyaku/

[ 2007/10/23 16:58 ] 普通っぽいニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。