FC2ブログ

エロエロ脳内妄想汁電波受信中

学生 OL リーマン ニート 引きこもり キモヲタ 腐女子 ハゲ ずら デブ 喪男 毒男 一般の方のご訪問お待ちしております。<ニダ以外>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「日本では今更ビリーブーム…ぶったまげた」「DVD、3000円が1万5000円…日本人はぼったくられてる」…NY在住記者

f945bd70.jpg

1 名前: あらし(神奈川県) 投稿日:2007/07/08(日) 18:42:53 ID:chZSq4vZ0 ?PLT
なぜ!? なぜ今さらあのビリー・ブランクスが、日本で「時の人」とまでいわれているのか。この6月、1年ぶりに日本に帰国してぶったまげてしまった。ビリーといえば、アメリカでは5、6年も前にブームは終わっている。アメリカで売れなくなったから日本に足を延ばしたのは見え見え。
(中略)
問題は値段。ビリーの英語のウェブサイトに行けばわかるが、ブートキャンプDVD3本セット
は30ドル弱(約3600円)。日本は1本多いとはいえセット価格1万5000円(約125ドル)
もしている。
アメリカ人は、いくらブームでもたかがフィットネスDVDに絶対にこんなに払わない。
日本語版制作費、販売業者の中間搾取を入れるとここまで値段が跳ね上がるものか。
いや、やっぱり日本って足元見られてるんじゃないのかなあ……。(ささききん・NY在住)
http://news.www.infoseek.co.jp/society/story/08gendainet02032608/
※中略部分
日本ではもっぱら「ブートキャンプ」のDVDセットが売り出されているが、アメリカでのブームに
火をつけたのはこれじゃない。そもそもビリーの一番の売りは、テコンドー(Tae Kwon Do)
とボクシング(Boxing)を組み合わせた「タエ・ボウ(TAE BO)」というフィットネスだ。

ビリーはテコンドーと空手の黒帯で、アマチュアボクシング選手権「ゴールデン・グローブ」の
チャンピオンなので、タエ・ボウのコンセプトは納得できる。ノリのいい動きがウケて、当時は
アメリカ中のスポーツジムでタエ・ボウのクラスができたほどだ。

ちなみに、今はもう過去のものとなっている。DVDを買っただけで痩せた気になる人がほとんどなので、
アメリカ人の肥満度は相変わらず高い。

ともあれブートキャンプは、ビリーの副次的なシリーズだ。「タエ・ボウ」は、コンセプトも名前も、
特許まで取得したビリーのオリジナルだが、ブートキャンプは一般的な俗語。
日本語のウェブサイトで「軍隊用の訓練」とあるのは、ちょっと違う。正確には、アメリカの軍隊が
コンバットブーツをはいたまま訓練することから、「軍隊の訓練を真似たハードなフィットネス」という意味だ。
http://news.www.infoseek.co.jp/society/story/08gendainet02032608/
[ 2007/07/10 11:15 ] アホニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。